A級ディンギー・クラスルール 2015年6月1日(最新版)

A級ディンギー・クラスルール

平成2761

日本A級ディンギー協会 (JADA)

全日本A級ディンギー選手権大会の参加艇は外観及びサイズは殆ど同じであるが、在来艇、軽量木造艇、国産FRP艇、輸入木造艇、輸入FRP艇等々があり、建造国、造船所、建造方法、使用材料等々広範囲にわたり、各種の艇の建造規格を完全にカバーすることは極めて難しい。

先般、日本ヨット協会が導入して、日本A級ディンギー協会(JADA)が保有/管理しているJADA建造図面/規格を今後のベースとする主旨でクラスルールを改定(2014 8 29 日)したが、当該建造図面/規格にあわせてルール内の主要部分の寸法も改定し、またJADA建造図面/規格の明確化に対応して、輸入艇についてもルール化した一項を入れ、さらに煩雑になったルールの項目を整理し「クラスルール補則(20141019)」として作成した。

今般、この「クラスルール補則」を「クラスルール」とする。

尚、下記235項に示す寸法は最大値である。

A級ディンギー・クラスルール2014 3頁 pdf:「classrule_20150601.pdf」をダウンロード
Classrule1 Classrule2 Classrule3

無料ブログはココログ