« 第25回 全日本A級ディンギー選手権 2015 西宮大会 | トップページ | 新西宮ヨットハーバーへのアクセス »

2014年10月23日 (木)

レース公示 〈確定版〉

Jadalogo_2 Dinghy_flag4_4 25回全日本A級ディンギー選手権
2015
 西宮大会


          主   催:
 日本A級ディンギー協会
                   公   認: 日本セーリング連盟


         主   管:
 関西大学A級ガンタークラブ

                    甲風A級倶楽部(甲南大学)

                  摩耶帆友会(大阪大学)

後   援: 兵庫県・西宮市

協   力: (一般社団法人)関西ヨットクラブ・新西宮ヨットハーバー株式会社・
兵庫県セーリング連盟・JSAF外洋内海

開 催 地: 新西宮ヨットハーバー

期   日: 2015529日(金)~31日(日)


レース公示

annoyVer.3 (
2015-02-20)       16項問合せ先変更

1. 規則: 本レガッタは『セーリング競技規則』に定義された規則、「日本A級ディンギー協会クラスルール」および「クラスルール(補則)」を適用する。付則Dは適用しない。
特に規則遵守を図るため「A級ディンギーレースにおける規則遵守について」の徹底を図る。
■「クラスルール」、「クラスルール(補則)」および「A級ディンギーレースにおける規則遵守について」は大会に先立ち大会ウエブサイトhttp://aclass.cocolog-nifty.com らダウンロードできる。ダウンロードができない場合は実行委員会からコピーを送付する。

2. 参加資格および申込:
                  
チームの1人以上が、日本セーリング連盟(JSAF)会員であること。

日本A級ディンギー協会に所属する艇および会員であること。

別途所定の申込書に必要事項を記載の上430日までに下記実行委員会事務局まで、メール(原則) aclassd2015@yahoo.co.jp 宛てまたは郵送で申し込むこと。

3. 参加料: 参加料は次のとおりとする。

艇参加料 15,000

選手参加料 9,000 (傷害保険料を含む)
家族参加料 5,000 (傷害保険料を含む)

4. 日程 529日(金)      9001600受付

13001600  計測 (レース公示8.項の対象となる艇)

16001700  理事会(於 新西宮ヨットハーバー1F会議室)

17001800  監督会議(於 同上
530日(土) 820845  開会式(於 新西宮ヨットハーバー・スロープ)
            
925  シニア戦第1レース予告信号

引き続き本戦の第1レースを行う。

FRP艇が先にスタートし、その5分後に木造艇がスタートする。
本戦の第2レース以降を引き続き行う。

18002000 レセプション(於 ノボテル甲子園)

531日(日) 925 シニア戦第2レース予告信号

引き続き本戦のこの日の最初のレースを行う。

FRP艇が先にスタートし、その5分後に木造艇がスタートする。

本戦の以降のレースを引き続き行う。

1500 閉会式(於 新西宮ヨットハーバー・スロープ

5. 種目およびレース数:
                
本レガッタの本戦は6レースを予定している。1日の最大レース数は4レースと
                  し、各日のレース数はレース委員会の裁量に委ねられる。

本レガッタのシニア戦は2レースを予定している。1日のレース数は1レースとする。
本戦およびシニア戦とも1レースを完了することにより、レガッタは成立する

シニア戦は、ヘルムスマンが(来たる平成2712月末日時点で)70歳以上の艇のレースをいう。

6. セール: 予備セールは原則として登録されたセール番号と同じ番号とするが、異なるセール番号を使用する場合は事前申告により認められる。この場合のリコールNO.は登録されたリコールNO.番号を使用する。リコールNO.は赤色とし、サイズは1文字につきおよそ縦20cm×15cmとする。リコールNO.(シール)は各チームが準備する。

FRP艇と木造艇を識別するため、FRP艇はセール上部に赤色四角形のシールを45度回転させて貼るものとする。

7 乗員および装備:
      
1艇当りの乗員は2名であること。

            競技者は、艇が水上にいる間常に、個人用浮揚用具(ライフジャケット)を着用すること。ウェットスーツやドライスーツはライフジャケットとは認められない。(規則第4 章前文の変更)

         艇は、直径最少6mm、長さ10m以上の曳航用専用ロープを搭載すること。

8. 装備と計測のチェック:

新造艇、新規登録艇および当協会(JADA)が指定する艇について、計測を実施する。
エアバックおよびそれに類する発泡材は、エアの状況など安全機能を検査する場合がある。また、艇または装備は、クラスルールに従っていることを確認するため、いつでも検査されることがある。これらは本大会に参加したすべての艇が対象となる。

9帆走指示書: 大会会場にて受付時に入手できる。また大会ウエブサイトからもダウンロードできる。

10 レース・エリア: 新西宮ヨットハーバー沖の海面に設置する。

レース・エリア図およびコース図は帆走指示書に記載される。

11 ペナルティー方式:

規則44.1を変更し、「2回転ペナルティー」を「1回転ペナルティー」に置き換える。
付則P「規則42に対する特別な処置」を適用する。

12得点: 付則Aを次のように変更し適用する。
本戦は完了したすべてのレースの得点を合計してシリーズの得点とする。
シニア戦の得点は本戦の得点合計に加えない。

13支援艇: 支援艇を認める。艇にはチーム名のわかる標記(旗等)をすること。

14表彰: 本戦優勝チームには、日本セーリング連盟(JSAF)会長賞状および日本A級ディンギー協会楯(持ち回り、返却時にレプリカ授与)が贈られる。26位には、当協会会長賞状が贈られる。

シニア戦1位には、日本A級ディンギー協会楯および当協会会長賞状が贈られる。23位には当協会会長賞状が贈られる。

15責任の否認: このレガッタの競技者は自分自身の責任で参加する。規則4[レースすることの決定]参照。主催団体は大会の前後、期間中に生じた物理的損傷または人身傷害若しくは死亡によるいかなる責任も負わない。

16. 問い合わせ先:

25回全日本A級ディンギー選手権 2015西宮大会
実行委員会 荒川 洋 

email: aclassd2015@yahoo.co.jp     問合わせ・ご連絡はemailでお願いします。 

tel090-8825-3854(アラカワ ヒロシ)※緊急連絡先
大会ウエブサイト:http://aclass.cocolog-nifty.com

レース公示〈確定版〉3頁 pdf:「aclass2015nor_ver3.pdf」をダウンロード   word:「aclass2015nor_ver3.doc」をダウンロード

« 第25回 全日本A級ディンギー選手権 2015 西宮大会 | トップページ | 新西宮ヨットハーバーへのアクセス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第25回 全日本A級ディンギー選手権 2015 西宮大会 | トップページ | 新西宮ヨットハーバーへのアクセス »

タグ・ホイヤー MONACO V4 ブログパーツ
無料ブログはココログ